トップ > 石川 > 11月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

オランウータンの「ドーネ」おめでた いしかわ動物園

妊娠して帰ってきたドーネ=石川県能美市のいしかわ動物園で(同園提供)

写真

 繁殖のため、いしかわ動物園(石川県能美市)から福岡市動物園(福岡市)に移っていた雌のボルネオオランウータン「ドーネ」(推定21歳)が14日、妊娠して、いしかわ動物園に帰ってきた。出産は来年2〜3月の予定。当面は非公開で、園に慣れてきたら公開する。

出産は来年2〜3月

 ドーネは午前7時45分ごろ園に到着。スムーズに寝室へ移動し、ピーナツや柿を食べるなど、落ち着いているという。

 無事に出産すれば北陸初の快挙となる。赤ちゃんは誕生後、1カ月ほどで公開できる見込み。園で飼育する雄の「ブロトス」(22歳)とは別に展示する。

 ドーネは1999年、マレーシアのボルネオ島からブロトスとともにいしかわ動物園に仲間入り。2頭の繁殖がうまくいかなかったため、2015年7月に福岡市動物園へ。今年6月、同園の雄「ミミ」(48歳)と結ばれた。ドーネもミミも野生個体のため、種の保存の観点からも意義深いという。

 ボルネオオランウータンは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧IA類に指定されている。 (吉野淳一)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索