トップ > 石川 > 11月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

子の就活 親がサポート 23日 県が初セミナー

「県内企業の魅力を知る機会になれば」と来場を呼び掛ける職員=県庁で

写真

 県は二十三日、金沢市鞍月の県地場産業振興センターで、保護者向けの就職セミナーを初めて開く。会社選びで親の意見を聞く学生が増えた上、子の就職活動に関心を持つ保護者が多いことから企画。保護者にも県内で働く良さを知ってもらい、学生のUターン、Iターン就職につなげる。

金沢 就業体験やスケジュール説明

 対象は大学、専門学校などに在籍している学生の保護者。自身が就職活動をしていた当時とは状況が大きく変わり、「インターンシップ(就業体験)はした方がいいのか」「就職活動はいつから始めるのか」など疑問を持ち、子の就職活動をどう応援していいのか分からないと悩む保護者が多いという。

 今回は、就職に関する調査、研究をしているリクルートキャリア就職みらい研究所の岡崎仁美所長が就職活動のスケジュールや親のサポート方法などを解説する。

 スギヨ(七尾市)、津田駒工業(金沢市)、東振精機(能美市)の採用担当者が求める人材のほか、面接や採用試験の方法、県内で働く魅力を紹介する。県と就職支援協定を結ぶ大学など二十三校による個別相談会もある。

 県労働企画課の担当者は「親世代の皆さんに石川の企業について知ってもらい、若者の県内定着につなげたい」と話す。

 セミナーの定員は二百人。(問)同課076(225)1532 (蓮野亜耶)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索