トップ > 石川 > 11月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

金沢にまんが美術館を 東村アキコさん講演

原画の保存の現状などについて講演する東村アキコさん=金沢市文化ホールで

写真

原画保存の大切さ語る

 「東京タラレバ娘」「海月(くらげ)姫」などで知られる漫画家東村アキコさんの講演会が三十一日、金沢市高岡町の市文化ホールで開かれた。東村さんは原画の保存について講演。「原画を置いておく場所がなく、保存していた原画を燃やしてしまう作家もいる。海外のコレクターがアート作品として収集しており、原画が海外に流出している」と原画の現状を説明した。

 漫画業界ではデジタル化が進んでいるといい「漫画の原画はこれから出ない」と原画の希少性を訴えた。

 秋田県横手市の「横手市増田まんが美術館」の取り組みについても説明。同美術館では作家から原画を預かって、適切な状態で保存しており、東村さんも利用しているという。「美術館は展示などで使用できるメリットもある」と話した。東村さんは「金沢出身の漫画家は多い。文化都市の金沢にもまんが美術館のような施設の創設を考えてほしい」と話した。

 これまでに出版した自身の作品についても紹介。「この作品はあんまりおすすめしない」「この時はどうかしていた」などと話し、会場を沸かせていた。

 市民大学講座の一環。東村さんは金沢美術工芸大の卒業生で、金沢とゆかりがある。 (草野大貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索