トップ > 石川 > 10月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

魅力的トロフィー完成 金沢マラソン入賞者に贈呈

手掛けたトロフィーを前に笑顔を見せる安達大悟さん(右)と上前功夫さん=金沢市役所で

写真

 二十九日に開かれる金沢マラソンの男女総合一〜三位の入賞者に贈られるトロフィーが完成し、金沢市役所で十二日に発表会があった。制作は金沢卯辰山工芸工房の作家二人が担当。男子は加賀藩祖・前田利家が身に着けた「鯰尾兜(なまずおかぶと)」、女子は雪つりをモチーフに、金沢らしさを盛り込んだ作品が出来上がった。

 男子の制作者は染工房専門員の安達大悟さん(32)。3Dプリンターでデザインしたナイロン製の立体を、青空と夕暮れをイメージした色に染め、下部はそれぞれ金、銀、銅の箔(はく)をあしらった。土台部分は金沢城の城壁を表現した。

 女子はガラス工房専門員の上前功夫さん(32)が手掛けた。どの方向からでも雪つりのシルエットに見えるように形作り、内部はガラスの色と気泡で、雪が降る夜の風景を表した。こちらもそれぞれ金、銀、銅に彩色した。

 安達さんは「金沢といえば利家。上位の実力者は兜を掲げるにふさわしい。自慢して飾ってもらいたい」。上前さんは「金沢らしさに加え、女子ということで情緒的に仕上げた。記念、記録になればうれしい」とそれぞれ思いを語った。

 作品を目にした山野之義市長は「工芸の底力が表され、一目で金沢のマラソンのトロフィーと分かる素晴らしいもの。ランナーも頑張ろうという気になるだろうし、大会の魅力を発信する上でも大きな力になる」と感謝した。

 トロフィーは二十七、二十八の両日、金沢駅もてなしドーム地下広場である大会前イベント「もてなしメッセ」の会場で公開される。催しは二十七日が午後二〜九時、二十八日が午前十一時〜午後八時。 (小坂亮太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索