トップ > 石川 > 10月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

ドローン活用法 生徒に 気多大社権宮司が講師 羽咋工で授業

ドローンの利用方法を説明する三井孝秀権宮司(手前)=羽咋工で

写真

 羽咋市の羽咋工業高校で六日、ドローンの活用をテーマとした課題研究授業があった。同市寺家町、気多大社の三井孝秀権宮司を講師に招き、三井権宮司の操作で生徒たちがドローンによる撮影を体験した。(小塚泉)

 三井権宮司は、神道の多様性を表現する手法の一つとして、写真に加えてドローンでの撮影を取り入れており、学校が外部講師として招いた。電気科と建設造形科の三年生が授業を受けた。

 三井権宮司は、ドローンを持参し、教室内で小型のドローンの飛行を実演。ドローンが空撮や土木現場での測量、農薬の散布、離島間の輸送などに使われている例を映像で紹介し、電池で飛行時間が限られるなどの課題も挙げた。

 生徒たちは、ドローンの幅広い利用方法に見入りながら時折、驚きの声を上げていた。

 今回を含めて三回ほど授業を受ける予定で、塩田憲司校長は「ものづくりの学校として旋盤や溶接、電気工事などの技術を勉強しているが、世の中の新しい技術に触れることは意味のあることだと思う」と話した。 

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索