トップ > 石川 > 9月26日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

懐かし校舎の「階段教室」 51年前金大卒業生が同窓会

学生時代と同じく、通称「階段教室」で公開講座を聴く卒業生ら=愛知県犬山市内山の博物館明治村で

写真

愛知の博物館明治村

 金沢大を五十一年前に卒業した七十代の同級生二十人が二十五日、愛知県犬山市内山の博物館明治村に移築された懐かしの校舎で旧交を温めた。

 工学部精密工学科の卒業生で、持ち回りの同窓会を八年ぶりに東海地区で開くにあたり、明治村で保存展示されている校舎を使うことを思い付いた。通常は立ち入り禁止の教室だが、一般観覧者も参加可能な公開講座を開く条件で借り受け、約二時間を過ごした。

 会場となったのは登録有形文化財「第四(だいし)高等学校物理化学教室」。長机といすが八段並ぶ階段教室で、旧制高校を経て金沢大の一部となった。今回集まった卒業生が使ったのを最後に犬山へ移築された。

 企画者の一人で、愛知県知立市八橋町の加茂英男さん(74)は「黒光りするこの机。落書きだらけなのも昔のままだ」と懐かしそうだった。

 公開講座では、卒業生の一人で金沢工業大名誉学長の石川憲一さん(74)=金沢市額新保=が日本刀について講演した。「一、二年生の時、この教室で物理の授業を受けた。先生が大変厳しくてね。こうして戻ってくると、いろんなことがよみがえる。感無量です」と話していた。 (三田村泰和)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索