トップ > 石川 > 9月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

迫力 宙に新幹線 白山車両所公開

北陸新幹線の車両を間近で見る来場者=白山市宮保町で

写真

 北陸新幹線白山総合車両所(白山市宮保町)が二十四日、一般公開された。鉄道ファンら約六千七百人が訪れ、普段見ることができない車両所で迫力ある新幹線の車体を間近で眺めた。(冨田章午)

 一般公開はJR西日本金沢支社が北陸新幹線が開業した二〇一五年から実施。開会式では来賓の山田憲昭市長が「新幹線の安心安全を担保する車両所をぜひ楽しんでほしい」とあいさつした。車体昇降実演では職員が特殊な装置で約四十トンの車両を台車と切り離し、高さ約一メートルまで押し上げた。大阪市から家族四人で訪れた小学校一年の室谷亮武(ろむ)君(6つ)は「大きな車体が持ち上がるのを見て驚いた。将来は新幹線の運転手になって多くの人を運びたい」と笑顔を見せた。車両を載せて移動する大型機械「トラバーサー」の実演もあり、金沢大三年の笠井淳史さん(21)は「車両が横に動くのを見ることができたので貴重な体験だった」と話した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索