トップ > 石川 > 8月28日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

電車の“おなか”見えた! JR西 金沢総合車両所を公開

空中を進む車両を撮影する見学者=白山市新田町で

写真

 JR西日本金沢支社の在来線車両整備基地「金沢総合車両所」(白山市)が二十七日、一般公開された。鉄道ファンら約五千五百人が普段見ることができない現場を満喫した。

 メインイベントの「電車の空中散歩」では、北陸線を走る「521系」の約三十一トンの車両がクレーン二台で持ち上げられ、空中を約六十メートル移動。見学者はカメラやスマートフォンで撮影した。津幡町から両親と来た小泉克樹君(6つ)は「下から見上げる車両は迫力があった。また来年も来たい」と笑顔を見せた。

 ミニ北陸新幹線の乗車体験や先頭車両の先頭部に取り付けられた板「ヘッドマーク」の展示、事前応募で当選した来場者を対象とした特急列車の運転台見学もあった。

 開場に先立ち、山田憲昭市長や来場者代表の倉下陽向君(5つ)と陽真君(3つ)=宝達志水町=らがテープカットをした。 (冨田章午)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索