トップ > 石川 > 7月17日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

“球女”の夏 熱いぞ 県内唯一のチーム「輝プリンセス」

円陣を組んで気合を入れる輝プリンセスの選手ら=七尾市中島町で

写真

七尾拠点 学童野球全国Vへ

 高校野球で熱戦が続く中、こちらも負けていない。七尾市を拠点に活動している県内唯一の女子学童野球チーム「輝プリンセス」が全国大会を控えて練習に励んでいる。目指すは悲願の全国制覇だ。(武藤周吉)

 チームの結成は二〇一四年秋。県学童野球連盟が野球人口の裾野を広げようと、県内の女子選手に参加を呼び掛けた。早速実力を発揮し、一五、一六年の夏の全国大会では二年連続ベスト8に進んだ。

 メンバーは小学三〜六年の十九人で県内各地から集まっている。普段は男子に交じって地元のチームで練習に励み、七尾市のグラウンドで月二回、全体練習をする。今年は長打力のある選手は少ないが、守備が手堅くレベルが高いという。南文人監督は「力を発揮すれば十分に優勝が狙える」と語る。

 十五日には七尾市内で開かれた全能登大会に参加して男子チームと対戦。結果は2−9で敗れたものの、2死一塁から二盗、三盗を重ねて好機をつくったり、セーフティーバントを絡めて得点を挙げたりするなど持ち前の機動力を発揮する野球を見せた。

 主将で志賀町富来小学校の若宮純奈選手(12)は「まだまだチームワークが足りない。残りの練習で声を掛け合って頑張りたい」と気合を入れる。

 県学童野球連盟によると、県内の小学生の女子選手は約八十人。米田耕理事は輝プリンセスの活躍が女子野球の普及につながるのではないかと期待している。「県内ではまだ野球は男子のスポーツというイメージが強い。ぜひ優勝して女子野球を広めてほしい」と話した。

 全国大会は八月四日、埼玉県を会場に開幕する。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索