トップ > 石川 > 6月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

ホタル 用水を舞った 月影町の遊歩道で観賞会

河原市用水の上を乱舞するホタル=金沢市月影町で(30秒露光)

写真

 金沢市月影町の河原市用水そばの遊歩道で十七日夜、ホタルの観賞会があり、近くの住民約百人がホタルの放つ幻想的な光に魅了された。今町・月影地区学童見守り隊と河原市用水土地改良区の主催で、今年初めて開かれた。

 午後八時ごろ、暗闇に黄色の光がぽつりと浮かんだ。しばらくしてホタルが飛び始めると、子どもたちからは歓声が上がった。観賞が終わってから三十分後、あたりは乱舞するホタルでいっぱいに。黄色の線を宙に描きながら、用水の上を飛び交っていた。

 用水の全長は一〇・二キロ。不動寺町で取水し、山の麓を通って津幡川に注ぐ。傾斜がゆるやかなため、山から流れてくる土砂がたまりやすく、ホタルの餌となるカワニナをはじめとした生物が発生しやすいという。

 主催者によると、三十年前に農薬散布でカワニナの生態に影響が及んだことから、ホタルの数は激減。農薬の質の改善や用水工事などがあり、水はきれいさを取り戻していった。用水土地改良区の今井一明事務局長(72)は「ここ二、三年でホタルの数が増えた。きれいな用水を見てほしい」と話していた。 (田中美知生)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索