トップ > 石川 > 4月21日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

オキナグサを守れ 盗掘などの情報を 県白山保護センター

植栽されているオキナグサ=白山市河内町の白山ろくテーマパーク吉岡園地で

写真

 県指定希少野生植物種のオキナグサを保護しようと、県白山自然保護センターなどが盗掘防止パトロールを行っている。不審者や盗掘の情報提供を呼び掛けている。

 園芸種として人気が高い多年草のオキナグサは、県内では加賀地域の限られた場所に百六十本前後しか自生していない。無許可での採取や所持を禁止していて、違反すると一年以下の懲役か五十万円以下の罰金が科される。二〇〇九〜一二年には、計四回の盗掘が確認された。

 パトロールは開花が始まった今月上旬から始め、種子の飛散が終わる六月上旬まで予定している。啓発看板を自生地周辺に置き、近隣住民に協力を求めている。

 白山市河内町の白山ろくテーマパーク吉岡園地では、保護を目的に植栽されたオキナグサを見ることができる。(問)県白山自然保護センター076(255)5321 

 (谷口大河)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索