トップ > 石川 > 4月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

金沢工大・中沢教授に山下記念賞 脳波を読む車いす研究

山下記念研究賞を受賞した中沢実教授と試作中の電動車いす=野々市市の金沢工業大で

写真

 電動車いすの利用者が目的地に割り当てられた数字を思い浮かべると、脳波を読み取って車いすが目的地まで移動するシステムの研究が評価され、金沢工業大(野々市市)の中沢実教授(48)が情報処理学会の山下記念研究賞を受賞した。

 研究は、体が次第に動かなくなる難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者など筋肉を動かすことが難しい利用者を想定。六人のゼミ生が数字「1」「2」「3」をそれぞれ見た時の脳波をデータ化し、車いすに備えたパソコンに記憶させる。

 将来的には、利用者が専用のヘッドギアを着けてトイレやエレベーターなどの目的地に割り当てられた数字を思い浮かべれば、車いすが自動で動くシステムの実現を目指す。中沢教授は「数字を見た時の脳波は人によって多少異なるので、統一的な脳波を設定することが今後の課題」と話す。

 研究賞は、大型電子計算機の開発にたずさわった初代会長の山下英男さん(一八九九〜一九九三年)にちなんだ賞で、学会のシンポジウムなどで優秀な論文を発表した研究者に贈られる。二〇一六年度は学会の三十八研究会の五十四件が選ばれ、三月十六日に名古屋大で授賞式があった。 (冨田章午)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索