トップ > 石川 > 3月30日の記事一覧

ここから本文

石川

写真

 県が約九年かけて開発した米の新品種の名称が「ひゃくまん穀(ごく)」に決まった。加賀藩の石高にちなんだ名称で、JAや生産者、流通関係者らでつくる名称検討委員会が二十九日、県庁で谷本正憲知事に報告した。県産米の新品種は二〇〇三年の「ゆめみづほ」以来となる。(3月30日) 記事全文へ

[写真]

石川の米の新品種「ひゃくまん穀」をアピールする谷本正憲知事(左から3人目)ら=県庁で

 
写真
[写真]

昨年12月のイヴの茶会で茶の湯を楽しむ在住外国人。4月8日には、外国人旅行者向けの茶会が催される=金沢市中村記念美術館で

写真
[写真]

学生たちの新しいものづくりのワークスペース「夢工房」=石川県野々市市の金沢工大扇が丘キャンパスで

 
写真
[写真]

来館者に人気の漆塗りブローチが入ったガチャガチャ=県輪島漆芸美術館で

 

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索