トップ > 石川 > 2月17日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

千里浜 V2なるか 「ベストビーチ2017」発表へ

千里浜レストハウス前に掲げられた「国内ベストビーチ第1位」をPRする看板。2年連続なるか=石川県羽咋市千里浜町で

写真

観光や浸食防止に追い風を

 世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が選ぶ日本のベストビーチランキング2017が、近く発表される。昨年は石川県羽咋市から宝達志水町の海岸を走る千里浜なぎさドライブウェイが国内ベスト1に選ばれ観光宣伝に一役買った。さて今年は−。(小塚泉)

 「なぎさドライブウェイ第1位」−。羽咋市の千里浜レストハウス前に市が掲げた看板が観光客を出迎える。同ハウスの窪田信夫相談役は「観光バスから降りた人が感激している姿を見ます」と一位の効果を実感する。今月初め、神戸からバスで訪れた男性(44)は「何年か前に来た時は高波で通れなかったので走れて良かった」と喜び、曇り空を見上げて「青空の時にまた来たい」と語った。

 トリップアドバイザーの広報担当者によると、ランキングは二〇一四年十一月から一五年十月の一年間の投稿数や評価点などを独自に集計。評価は「砂浜を車で走るのは初めての経験。不思議な感覚です」「窓全開で砂浜をドライブするととても気持ちいい」などの声に代表されるという。

 山辺芳宣市長は「至るところで宣伝させていただいている。ここにしかないビーチを訴える絶好の材料になっている」と語る。千里浜町に七月オープン予定の道の駅にも追い風になると期待し「養浜を国、県にしっかりお願いして守っていきたい」と続けた。

 年々浸食が進む現実に、県は砂を入れた布の袋「サンドパック」や、波の力を抑えるためのブロック「人工リーフ」を設置して浸食防止に努め、市は各種イベントでの「一人一砂運動」で保全を呼び掛ける。

 ランキングベスト10のうち、二〜十位まですべて沖縄のビーチ。沖縄の人は千里浜をどう見ているのか。昨年二位だった波照間島ニシ浜ビーチがある竹富町役場商工観光課の川島沙絵子さんは「沖縄の海は太陽の光が強く、砂が白くてきれい。千里浜はそれ以上に、他と違う魅力づくりをされているのだと思う。私たちも甘えることなく自分たちにしかない魅力をつくらないといけない」と語った。

 宝達志水町では北陸新幹線が開業した一五年、ドライブウェイにある今浜海水浴場への入り込み客が前年比三万人増の七万四千人余りになり、開業二年目の一六年もほぼ同数を維持。町企画振興課の一家剛課長は「一位の成果ではないでしょうか」と分析した。

 トリップアドバイザーの広報担当者によると、ランキングは二月中旬までに発表予定。オンリーワンのなぎさに、今年もナンバーワンの知らせは届くか。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索