トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

仲邑さん、うれし悔し 井山天元と記念対局

井山裕太天元(手前)と対局する仲邑菫さん=6日午後、大阪府東大阪市で

写真

 史上最年少での囲碁のプロ入りを決めている小学4年仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)と井山裕太天元(29)の記念対局が6日、大阪府東大阪市であった。菫さんはハンディをもらったものの時間切れとなり、引き分けで終わった時には井山天元が優勢に。対局後の記者会見では悔しそうな表情を浮かべつつ「うれしかった」と振り返った。

 菫さんとそろって会見した井山天元は「自分が9歳の時とは比べものにならないくらい強い。天下を狙える才能だと感じた」と期待を寄せた。記念対局は井山天元の出身地の東大阪市で開かれた「新春囲碁フェスティバル」の行事の一つ。1時間20分の設定で、大勢の囲碁ファンや報道関係者が見つめる中、序盤から中盤にかけては菫さんが押す場面もあった。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索