トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

史上最年少10歳の囲碁プロ棋士誕生へ 小4・仲邑菫さん

史上最年少で囲碁のプロ棋士となることが決まり、父の仲邑信也九段と記念写真に納まる菫さん=5日午後、東京都千代田区で

写真

 囲碁の日本棋院は5日、小学4年生の少女、仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9つ)が史上最年少でプロ棋士の初段になると発表した。4月1日付のプロ入り時は10歳0カ月で、藤沢里菜女流本因坊(20)の11歳6カ月を9年ぶりに更新する。

 中国、韓国が席巻する国際棋戦で活躍できるプロ棋士養成のため、日本棋院が新設した「英才特別採用推薦棋士」に選抜された。

 東京都千代田区で記者会見した菫さんは、今後の目標に第一人者の井山裕太天元(29)を挙げ「これからよろしくお願いします」と、はにかみながら話した。

 菫さんは東京都で生まれ、現在、大阪市内の小学校に通っている。父はプロ棋士の仲邑信也九段(45)。3歳で囲碁を始め、小学2年で少年少女の全国大会に出場するなど活躍した。最近は韓国で腕を磨いていた。

 採用試験では、日本のナショナルチームコーチも務める張栩(ちょうう)名人(38)と対局し、井山天元を含む7大タイトル保持者らが内容などを審査、全員の賛成が得られ採用が決まった。極めて異例のケースといえる。

 主要な棋士では趙治勲(ちょうちくん)名誉名人(62)が11歳9カ月で、井山天元は12歳10カ月でプロ棋士となった。将棋は4段以上がプロで制度が異なるが、最年少記録は藤井聡太七段(16)の14歳2カ月。

 囲碁には日本棋院、関西棋院があり、日本棋院には約340人のプロが所属している。菫さんは日本棋院の関西総本部に所属する予定。

 菫さんは6日、大阪府東大阪市のイベントで井山天元と対局する。

井山先生みたいに

 仲邑菫さんの話 (囲碁は)勝った時がうれしい。井山裕太先生(天元)みたいになりたいです。中学生のうちにタイトルを取りたい。これからよろしくお願いします。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索