トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

藤井七段、新人王に王手 決勝3番勝負で先勝

新人王戦決勝3番勝負の第1局を制した藤井聡太七段=10日、大阪市の関西将棋会館で

写真

 将棋の最年少棋士藤井聡太七段(16)=愛知県瀬戸市=が10日、大阪市の関西将棋会館であった新人王戦決勝三番勝負の第1局で、出口若武(わかむ)三段(23)に勝った。史上最年少の新人王まであと1勝。勝てば、2月の朝日杯将棋オープン戦に続き、2回目の優勝となる。

 新人王戦は若手の登竜門とされる棋戦で、プロを目指す奨励会員も出場する。参加資格には段位や年齢などの制限があり、藤井七段にとっては今年がラストチャンスとなる。

 出口三段は兵庫県出身で、プロ入り最終関門の三段リーグを戦っている奨励会員。2016年の同リーグで当時奨励会員だった藤井七段と対戦し、敗れた因縁がある。

 対局は持ち時間各3時間で、出口三段が先手になった。藤井七段は終盤の桂打ちで敵の急所を突いて優勢に。懸命に攻め手を繰り出して粘る出口三段を、百十二手で投了させた。

 対局後、藤井七段は「今回は非常に大きな一局だと思っていた。途中少し苦しくなったが崩れずに指せた。次局は時間配分にも気を付けて指したい」と話した。出口三段は「かなり手が広い将棋だった。序盤はまずまずだったが、一番粘られる順で来られて分からなくなった」と振り返った。第2局は17日に関西将棋会館で。 (岡村淳司)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索