トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

「藤井七段本当に強かった」 名古屋城こども王位戦

指導対局した子どもたちにアドバイスする藤井聡太七段=6日、名古屋城本丸御殿で

写真

 小中学生が将棋の腕前を競う「第2回名古屋城こども王位戦」の決勝大会が6日、名古屋市中区の名古屋城本丸御殿であった。最年少棋士の藤井聡太七段(16)は自身初という指導対局に臨み、後輩たちに「これからも楽しんで将棋をして」と呼び掛けた。

 予選を勝ち抜いた小学1年〜中学3年の36人が出場。各学年ごとに対局し、優勝者9人が藤井七段と同時に対局する9面指しに挑んだ。

 子どもたちは緊張した表情で将棋盤に向かい、駒を動かした。藤井七段は序盤はテンポ良く指していたが、終盤は次の一手に迷う場面も。終了後は一人一人に対局の感想を伝えていた。

 中学3年の部で優勝し、藤井七段と握手を交わした岐阜県養老町立東部中の宮堂力旗(みやどうりき)さん(14)は「藤井七段は考えつかない手を打ってきて本当に強かった。僕も藤井七段のようになりたい」と刺激を受けていた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索