トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

豊島が勝ち3勝3敗に 王位戦第6局

菅井竜也王位(左)に勝ち、対戦成績を3勝3敗にした豊島将之棋聖=11日、神奈川県秦野市の元湯陣屋で

写真

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑む第五十九期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)の第六局は十一日午前九時から神奈川県秦野市の旅館「元湯 陣屋」で指し継がれ、午後四時三十一分、先手番の豊島が百六十五手で勝ち、対戦成績を三勝三敗のタイにした。タイトルの行方は最終局に持ち越された。

 六局連続で菅井の振り飛車、豊島の居飛車という構図の本シリーズ。本局では初めて相穴熊の持久戦となり、二日目は菅井が二枚の飛車で攻め、豊島が二枚の角で受ける展開に。豊島が8三金(百三十一手目)と打った時点で、同じ局面の繰り返される「千日手」が予想され、「指し直しか」と控室はどよめいた。

 菅井は8二銀打(百三十二手目)で千日手を回避したが、豊島は7九金打(百三十七手目)から頑強な受けで自玉を安全にすると、7四角(百五十一手目)から後手玉を寄せ切った。

 立会人の先崎学九段は「相穴熊の難解な競り合いが続いたが、終盤で菅井王位に致命的なミスが出た。豊島棋聖は終始落ち着いていた」と振り返った。

 持ち時間各八時間のうち残りは豊島十二分、菅井二時間四十八分。最終第七局は二十六、二十七日、東京都千代田区の都市センターホテルで行われる。対局の模様は中日新聞ホームページでも紹介している。

7四角でいけると

 豊島将之棋聖の話 序中盤はよく分からなかった。終盤に入って自信がある局面もあったり、ない局面もあったりで、自分の中で形勢判断が揺れていました。7四角(百五十一手目)と切ったところでいけそうかと思いました。

8二銀が悪かった

 菅井竜也王位の話 封じ手の辺りは手が広いので、よく分からなかった。終盤の8二銀打(百三十二手目)が悪かった。代わって、8二に金を打つべきでした。その後にうっかりがあって、いっぺんに駄目になってしまいました。

    ◇

写真
写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索