トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

菅井が初防衛に王手 王位戦第5局

感想戦で笑顔を見せる菅井竜也王位=30日、徳島市で

写真

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑む第59期王位戦7番勝負(中日新聞社主催)の第5局は30日午前9時から、徳島市の渭水苑(いすいえん)で指し継がれ、午後4時48分、133手で先手番の菅井が勝ち、対戦成績3勝2敗で初防衛に王手をかけた。

 5局連続で対抗形となった本局。初日は持久戦ムードだったが、豊島の封じ手2五歩(50手目)で激しい戦いに突入した。

 2筋で細かい応酬が続いた後、菅井は飛車を1筋に回って端の攻略に。1三歩成(93手目)と成り込んで優位に立った。

 さらに馬をつくって包囲網を狭める菅井に、豊島も2七金(126手目)など捨て身の反撃に出たが届かなかった。投了図では、後手玉に4二銀以下の詰み筋が生じている。

 立会人の藤井猛九段は「先手の模様がよさそうだったが、2五歩(71手目)辺りでは難しくなった。しかし端を破られては後手が苦しく、1五歩(89手目)を手抜きしたのが問題だったか」と述べた。

 持ち時間各8時間のうち残りは菅井2時間、豊島21分。第6局は9月10、11日、神奈川県秦野市の「元湯 陣屋」で。対局の様子は中日新聞ホームページでも紹介している。

駒得で良くなった 菅井竜也王位の話

 封じ手の2五歩(50手目)からの動きを想定しておらず、自信のない局面が続きました。その後の1、2筋での攻防で駒得になったところで、良くなったかと。勝ちを意識したのは、最後の2六銀(133手目)です。

序盤の駒組み失敗 豊島将之棋聖の話

 4六銀(49手目)の局面は、こちらから動いていくしかなく、序盤の駒組みで失敗したかなと思いました。その後の攻防もずっと自信は持てなかったです。終盤に入り、2三歩(115手目)が厳しかったですね。

写真
写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索