トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

豊島勝ちタイに 王位戦第4局

第4局を制し、感想戦で振り返る豊島将之棋聖=8月23日午後、福岡市で

写真

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑戦している第59期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)の第4局は、8月23日午前9時から福岡市のホテル日航福岡で指し継がれ、午後6時、119手で先手番の豊島が勝ち、2勝2敗のタイとした。

 2日目は菅井の封じ手5六歩(68手目)で再開。豊島がと金を作って後手陣に入り込み、菅井は3三角(78手目)と相手玉を狙って反撃に転じた。豊島は5七歩(81手目)や6八竜(83手目)と手厚く受けて菅井の攻めをかわし、優勢を維持。菅井も粘り強く指したが、最後は豊島が2七角(109手目)から8五馬(113手目)と後手玉に迫り、寄せきった。

 立会人の深浦康市九段は「序盤に豊島棋聖が積極的に仕掛けて少しずつリードを広げ、菅井王位に攻めさせながら、巧みに寄せの形をつくった。第5局以降も20代同士の戦いに注目したい」と語った。

 持ち時間各8時間のうち、残りは豊島13分、菅井46分。第5局は29、30の両日、徳島市の料亭「渭水苑(いすいえん)」で行われる。対局の模様は中日新聞ホームページでも紹介している。

豊島将之棋聖「8五馬でいけそうかと」

 4六銀(35手目)から動いていったところは、よく分からなかった。3三角(78手目)と打たれて嫌な感じの局面になった。終盤もはっきりした順が見つからなかったが、8五馬(113手目)でやっといけそうかと思いました。

菅井竜也王位「ずっと苦しい展開」

 3四飛(34手目)と浮いた手は、違う手だと作戦負けになりそうかと思ったが…。先手に4六銀(35手目)と動かれてからの分かれは、こちらが悪かったと思います。その後も左の金銀が使えていないので、ずっと苦しい展開でした。

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索