トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

中盤探り合う 王位戦第3局

封じ手を渡す豊島将之棋聖(手前左)。奥は菅井竜也王位=1日、札幌市で

写真

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑む第59期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)の第3局は1日午前9時から、札幌市の「ホテルエミシア札幌」で指され、午後6時、後手番の豊島が50手目を封じて1日目を終えた。

 両者の1勝1敗で迎えた本局。第1局に続き菅井の5筋位取り中飛車、豊島の居飛車の対抗形となった。豊島が左美濃に囲う工夫の駒組みに、菅井は囲いを後回しにして5五銀(31手目)と銀をぶつけた。

 豊島は銀交換から6四銀(34手目)と打ち直してゆっくりした展開に。その後、菅井は穴熊に囲い、中盤戦へ。菅井は7八金(47手目)5六飛(49手目)の2手で豊島の攻めをけん制。じりじりとした展開の中、豊島が60分考えて封じた。

写真

 立会人の屋敷伸之九段は「(相撲の)まわしの探り合いのような、じわじわした中盤戦が続いている。2日目は豊島棋聖が少しずつ攻めに出て、菅井王位が受けつつ反撃を探る展開になるのでは」と話した。

 持ち時間は各8時間。1日目の消費時間は、菅井が3時間33分、豊島が4時間。2日目の2日は午前9時に再開、夜までに決着の見通し。

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索