トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

持久戦の様相に 王位戦第2局

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑んでいる第五十九期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)の第二局が二十四日午前九時、神戸市の旅館「中の坊瑞苑(ずいえん)」で始まった。

 第一局を制した菅井が連勝で初防衛に前進するか、初のタイトル「棋聖」を獲得したばかりの豊島がタイにするか、シリーズの流れを占う第二局。定刻、立会人の福崎文吾九段(58)の合図で、先手番の豊島が初手を「2六歩」と指した。

 豊島が早々に2五歩(三手目)と飛車先を伸ばすと菅井は2二飛(十二手目)と向かい飛車に振った。その後は持久戦模様になり、互いに相手の動きを警戒しつつ、じっくりと駒組みを進めた。副立会人の藤原直哉七段(53)は「両者とも動きづらく、非常にゆっくりとした展開」と話した。

 持ち時間は各八時間。初日は午後六時で指し掛け、手番が封じる。二日目の二十五日は午前九時に再開、夜までに決着する見通し。対局は中日新聞ホームページで中継する。

写真
写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索