トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

羽生が通算100期に王手

 将棋の第89期棋聖戦5番勝負の第4局は10日、新潟市で指され、先手の羽生善治棋聖(47)が133手で挑戦者の豊島将之八段(28)を破り、対戦成績を2勝2敗のタイとし、決着を最終局に持ち込んだ。羽生棋聖が第5局で勝てば、タイトル獲得数が前人未到の通算100期となる。

 羽生棋聖は昨年12月、竜王を奪取して初の永世七冠を達成。自身の持つ通算タイトル獲得記録を99期に更新、夢の大台にあと1期とした。今年2月、国民栄誉賞を受賞した第一人者の快挙なるかに注目が集まっている。終局後、羽生棋聖は「次は最終局なので、悔いが残らないよう思い切り指したい」と話した。

 豊島八段は初タイトルが懸かる。第5局は17日に、東京都千代田区で行われる。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索