トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

藤井七段 王座戦敗退

王座戦本戦トーナメントの準決勝で敗れ、決勝進出を逃した藤井聡太七段=6日夜、大阪市で

写真

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(15)は6日、大阪市の関西将棋会館で指された第66期王座戦本戦トーナメントの準決勝で斎藤慎太郎七段(25)に敗れ、決勝進出を逃した。タイトル初挑戦まであと2勝に迫っていたが、今期の同棋戦敗退が決まった。

 終局後、藤井七段は「ここで終わったのは自分の力不足でした。収穫もあったので、それを力にしてまた頑張りたい」と話した。

 これで8大タイトル戦のうち、年内に挑戦者となる可能性があるのは棋王戦のみとなった。同棋戦も本戦入りしており、初戦でタイトル保持者の菅井竜也王位(26)との対戦が決まっている。

 タイトル挑戦の最年少記録は、1989年に屋敷伸之九段(46)が棋聖戦で達成した17歳10カ月。

 中村太地王座(30)への挑戦者を決める本戦Tには、予選を勝ち抜いた棋士とタイトル保持者ら16人が出場した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索