トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

勝負どころ、互いに長考 豊田で王位戦第1局

立会人の谷川浩司九段(左)に封じ手を渡す菅井竜也王位(右)。左奥は豊島将之八段=4日午後、愛知県豊田市のホテルフォレスタで

写真

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之八段(28)が挑む第59期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)の第1局が7月4日、愛知県豊田市の「ホテルフォレスタ」で指され、午後6時、先手番の菅井が35手目を封じて1日目の戦いを終えた。

 本局は菅井のゴキゲン中飛車に対して、豊島が居飛車で応じる戦型に。1日目から勝負どころを迎え、互いにじっくり考える展開となった。

写真

 豊島が左右の銀で攻め上がると、菅井は5四歩(27手目)と突いて思い切りよく開戦。その後、再び5四に歩を垂らし、敵陣に圧力をかけた。この悩ましい一手を見た豊島は、2時間13分の大長考で4二金寄(34手目)。これに菅井も1時間36分の長考で応じ、手を封じた。

 立会人の谷川浩司九段は「すでに優劣がつきかねない局面なので、2人の長考は当然だ。お互いの読み筋が合えば、再開早々に手が進みそうだ」と話した。

 持ち時間各8時間のうち1日目の消費時間は菅井、豊島とも3時間52分。2日目の5日は午前9時に再開し、夜までに勝敗が決まる見通し。

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索