トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

羽生二冠「道のり ひしひしと実感」 国民栄誉賞祝賀会

祝賀会で笑顔を見せる羽生善治二冠(中)。右は囲碁の井山裕太七冠、左は山中伸弥さん=東京都千代田区で

写真

 将棋界で初めて「永世七冠」を達成し国民栄誉賞を受賞した羽生善治二冠(47)=竜王、棋聖=の記念祝賀会(日本将棋連盟、中日新聞社など主催)が10日、東京都内のホテルで開かれ、棋士やファンら約950人が将棋界初の偉業を祝った。

 羽生二冠と親交のあるノーベル医学生理学賞の受賞者、山中伸弥さん(55)も祝福に訪れ「挑戦し続ける姿は自分にとっても励ましになる」とたたえた。国民栄誉賞を同時受賞した囲碁の井山裕太七冠(28)も「一棋士として尊敬している。目標であり続けてほしい」と述べた。

 羽生二冠は「歩んできた道のりをひしひしと実感した。将棋が日常生活の中の小さな潤い、一つの文化としてあり続けられるよう頑張っていきたい」と述べた。

 将棋界では特定タイトルを一定回数、保持した棋士に「永世称号」の資格が与えられる。羽生二冠は昨年末、永世竜王の資格を得て、現在規定のある7つの永世称号すべてを獲得した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索