トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

藤井恩返し、悲願成り 公式戦、師弟初顔合わせ

王将戦1次予選2回戦で師匠の杉本昌隆七段(左)に勝利し、対局を振り返る藤井聡太六段=3月8日午後、大阪市の関西将棋会館で(横田信哉撮影)

写真

 将棋の中学生棋士藤井聡太六段(15)=愛知県瀬戸市=が8日、大阪市の関西将棋会館であった王将戦一次予選2回戦で、師匠の杉本昌隆七段(49)=名古屋市=と対局した。公式戦で初めて実現した師弟対決は、千日手で指し直す熱戦の末、藤井六段が勝って準々決勝に進出した。

 対局は午前10時に開始。振り駒で杉本七段が先手になった。しかし午後1時18分、59手目で同一局面が4回現れて無勝負となる千日手が成立した。30分の休憩をはさんで午後1時48分、先手と後手を入れ替えて指し直した。

 指し直し局では、四間飛車に構えた杉本七段に対して、藤井六段は自玉を隅に置いて守りを固める「穴熊囲い」を選択。中盤から激しい攻め合いになったが、藤井六段は確実にリードを広げ、111手で杉本七段を投了させた。

 プロを養成する奨励会に入った小学4年で杉本七段の弟子となり、才能を開花させた藤井六段。この日の勝利で、公式戦の連勝を14に伸ばした。

 次戦は、15日に東京で行われる順位戦C級2組の最終局。すでに無傷の9連勝でC級1組への昇級を決めているが、全勝を懸けて三枚堂達也六段(24)と対局する。

    ◇

 紛れもない真剣勝負だった。8日に行われた将棋の藤井聡太六段と、杉本昌隆七段の公式戦初対局。歴代の最多連勝「29」をはじめ数々の記録を塗り替える中学生棋士と、その才能をいち早く見抜いて大切に育てた名伯楽は力と技を尽くして戦い、「師弟の絆」をさらに深めた。将棋ファンでなくとも記憶に残る一戦となった。(岡村淳司)

 注目の初対局は、両者の巧妙な駆け引きが続く中で千日手に。先手と後手を入れ替えて指し直すことになった。形勢が互角の段階から千日手になる道を選び、師匠から有利な先手を奪った藤井六段の指し回しに、この一戦への並々ならぬ意気込みがうかがえた。

 杉本七段の気合も特別だった。午前中、その手にあったのは、かつて東海棋界を率いた師の故板谷進九段(1988年没)の扇子。しかし「つい感傷にふけってしまうから」と、午後は別の扇子に替えて盤上に集中した。指し直し局では、プロ入りの原動力になった得意の戦法「四間飛車」で勝負をかけた。最新の将棋を研究する2人の練習対局では、あまり使わなかった戦型を繰り出す秘策だ。

 「同じ土俵で対局するのが楽しみです」。藤井六段がプロ入りを決めた2016年、杉本七段は記者にそう語った。その後の取材では、当時の喜びを「わが子が生まれた時に似ていた」と振り返ったことも。藤井六段が歴代連勝記録に並んだ記者会見には、おそろいのネクタイで隣に座った。「師弟という意識はあまりなく、強くなりたい者同士という付き合いをしています」。その言葉にはいつも、類いまれな才能を持つ弟子への敬意がにじむ。

 「同じ土俵」に2人が初めて立ったこの日。全力で白星を挙げた藤井六段は、終局後の会見で「いつも通りの形でやろうと思いました。とてもいい経験になりました。これからもさらに活躍していかねばという思いでいます」と話した。短い言葉のうちに、師匠への深い感謝がこもる。

 一方、杉本七段は「かつての夢が形を変えてかなった」と語った。プロを目指した奨励会時代は師匠と対局するのが悲願だったが、それがかなう前に板谷九段は47歳で死去。「間に合わなかった」とずっと悔やんできたという。師弟対決にそんな特別な思いを抱く杉本七段。まな弟子に敗れるという“恩返し”を受けて「今日1日は素晴らしいものだった。藤井六段にはお礼を言いたい」。そう語る師匠の目は、うるんでいるように見えた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索