トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

井山天元、第2局勝利 LG杯、1勝1敗に

中国の謝爾豪五段(左)に勝利した井山裕太天元=7日、東京都千代田区の日本棋院で

写真

 囲碁の国際棋戦、第22回LG杯朝鮮日報棋王戦の決勝3番勝負の第2局が7日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、井山裕太天元(28)=七冠=は、中国の謝爾豪(しゃじごう)五段(19)に309手までで白番半目勝ちした。対戦成績を1勝1敗とした井山天元は、世界一をかけて、8日の最終第3局に臨む。

 序盤から激しい戦いになり、井山天元が苦しい展開に。しかし、秒読みに追い込まれながらも勝負手を放ち、終盤に逆転した。

 井山天元は「中盤は諦めかけた部分もあったが、粘り強く打てたのがいい方にいった。最終局も納得のいく碁が打てれば」と話した。謝五段は「自分がいいと思っていた。負けたのが信じられない」と語った。

 LG杯は世界のトップ棋士32人が参加する主要棋戦の一つ。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索