トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

賞金トップは渡辺棋王

 日本将棋連盟は6日、2017年の獲得賞金・対局料ランキングを発表し、渡辺明棋王(33)が7534万円で4年ぶり2度目のトップとなった。国民栄誉賞の受賞が決まった羽生善治2冠(47)=竜王・棋聖=の4年連続23度目の首位はならず、5070万円で3位だった。

 2位は17年、名人戦で初防衛した佐藤天彦名人(30)の7255万円。連盟の発表は10位までで、最多29連勝を達成した中学生プロ棋士の藤井聡太五段(15)はベストテンに入らなかった。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索