トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

井山天元 第1局敗れる LG杯決勝

 囲碁の国際棋戦、第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝3番勝負の第1局は5日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、全7冠を保持する井山裕太天元(28)が中国の謝爾豪(しゃじごう)五段(19)に180手で敗れた。

 黒番の井山天元が序盤は実利で先行。中盤は激しい競り合いとなったが、終盤、謝五段が鋭く踏み込み、先勝した。

 井山天元は2013年、早碁のテレビ囲碁アジア選手権で優勝しているが、LG杯のような持ち時間が長い主要国際棋戦ではまだなく、今回は初制覇が懸かる。優勝すれば、05年の張栩九段以来、日本勢として3人目のLG杯優勝となる。第2局は7日、第3局がある場合は8日に同所で行われる。どちらかが先に2勝を挙げた時点で、優勝が決まる。

読み切れなかった 井山裕太天元の話

 ずっと難しかった。時間がなくなってから読み切れなかった。(第2局に向けて)結果を受け止め、しっかり切り替えて臨みたい。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索