トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

羽生 初の永世七冠 渡辺竜王破り偉業

将棋の竜王戦で渡辺明竜王を破り、史上初の永世七冠を達成した羽生善治棋聖=5日午後、鹿児島県指宿市で

写真

通算タイトル99期

 将棋の羽生善治棋聖(47)は5日、通算7期目の竜王を獲得し「永世竜王」の資格を得て、永世称号制度のある7タイトル(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)全てを手にする「永世七冠」を史上初めて成し遂げた。

 鹿児島県指宿市で指された第30期竜王戦7番勝負の第5局で、挑戦者として渡辺明竜王(33)を先手番87手までで破り、対戦成績4勝1敗で15期ぶりに竜王を獲得、棋聖と合わせ2冠となった。自身の持つ通算タイトル獲得記録は大台が目前の99期とした。

 最多6つの永世称号の資格を得ていた羽生竜王は2008年と10年、竜王戦で永世七冠を懸けて渡辺前竜王と対戦したが、いずれも敗れていた。

 タイトル戦の数が違うので一概に比較できないが、羽生竜王の永世七冠に続くのは、5つの永世称号を獲得した故大山康晴十五世名人と中原誠十六世名人(70)の2人。次いで、渡辺前竜王が永世二冠となっている。

 永世称号は各タイトルにより違うが、規定のタイトル数を獲得した棋士に与えられ、原則として引退後に名乗ることができる。竜王は通算7期か連続5期が条件だった。

 タイトル戦は現在、永世称号制度のある7つのほか、今年からタイトル戦に昇格した叡王戦を含め、8つある。叡王戦については今後、永世称号の条件が決められる。

 渡辺前竜王は棋王の一冠に後退した。

写真

【一問一答】 最新の将棋 今後も勉強

 羽生さんの記者会見の主な一問一答は以下の通り。

 −今回、どういう気持ちで臨んだのか。

 「挑戦者になれたのは幸運だった。次はないかもしれない、挑戦者らしく積極的に前に進もうと思った」

 −今の心境は。

 「現状の自分が持っているものは出し切れた。充実感がある」

 −年齢的な大変さは。

 「最新の将棋についていくのが難しくなってきている。体力的にも、一年を通して高いパフォーマンスを保つのが難しくなった」

 −ずっとトップで活躍できている理由は。

 「若い人の棋譜を勉強し、最新の将棋を取り入れていくのが必要不可欠。今後も、将棋を指していく中で何かしらの発見や進歩というものを感じていけたらいいなと思う」

 −四十代後半になった自身の強みは。

 「無駄なことを省く引き算で考えることを経験で得たのが大きかった。今後もこの部分は大切にしたい」

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索