トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

井山、紙一重で先勝 天元戦第1局

感想戦で対局を振り返る井山裕太天元=11日午後、愛知県豊田市のホテルフォレスタで

写真

 囲碁の井山裕太天元(28)=棋聖、本因坊、王座、碁聖、十段=に一力遼七段(20)が挑む第43期天元戦5番勝負(中日新聞社主催)の第1局が11日、愛知県豊田市の「ホテルフォレスタ」であった。午後6時7分、273手までで黒番の井山が中押し勝ちし、3連覇に向けて好スタートを切った。

 持ち時間各3時間のうち、残りは両者とも1分。第2局は27日、札幌市の「ホテルエミシア札幌」で行われる。

 井山は序盤でいきなり三々(17十七)に入るなど、積極的に攻勢を仕掛けた。中盤以降は攻守が目まぐるしく入れ替わり、一力の白192(19三)のホウリコミに対し、井山は黒193(11十一)と手抜き。白地を削りながら寄り付いて、一力に傾いていた流れを引き寄せた。

 両者持ち時間を使い果たす中、右上で激しいコウ争いが発生。最後まで勝負の行方が分からない展開となったが、コウ立ての多い井山が難解な局面を紙一重で制して勝負を決めた。

 立会人の彦坂直人九段は「井山さんが攻め、一力さんのシノぐいい勝負。日本のトップ争いにふさわしいハイレベルな戦いだった」と話した。

コウ材多くて勝ちに 井山裕太天元の話

 左下をうまくさばかれ、中央の白を攻めて成果をあげないといけない碁になりました。その後は右上で白に頑張られて、勢いで取りにいく展開になり、よく分からなかった。勝ちを意識したのは、コウ材が多いのを確認できたところです。

白194からまずくした 一力遼七段の話

 左下の分かれは難しいかと思ったが、下辺の黒二子を取った手が甘くて、黒77(9八)のコスミから攻められたところは苦しいかと思いました。その後、難しくなったんですが、白194(15十)から白196(16九)の出切りのタイミングが悪くて、まずくしました。

    ◇

天元戦第1局投了局面(黒273まで)=黒・井山裕太天元、白・一力遼七段

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索