トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

王座戦 中村が初タイトル

将棋の第65期王座戦で初タイトルを獲得した中村太地六段=11日、横浜市で

写真

 将棋の第65期王座戦5番勝負の第4局は11日、横浜市で指され、挑戦者で後手の中村太地(たいち)六段(29)が80手で羽生善治王座(47)を破り、対戦成績3勝1敗で初タイトルとなる王座を獲得した。

 羽生前王座は8月の王位に続く失冠となり、棋聖の1冠に後退した。タイトル保持が1つとなるのは2004年以来。

 中村新王座は東京都出身。故米長邦雄永世棋聖門下で、06年にプロ入り。11年度に年間勝率で1位となった実績がある。今シリーズが3度目のタイトル挑戦だった。規定により、11日付で七段に昇段した。

 羽生前王座は前人未到のタイトル獲得通算100期まであと2に迫っているが、年内の達成はなくなった。一方、20日開幕の竜王戦7番勝負では挑戦者に決まっており、初の永世7冠を目指す。

敗れて失冠した羽生善治前王座=11日、横浜市で

写真

47歳羽生 終盤ミス

絶対的強さに陰り

 将棋界の第一人者、羽生善治王座が11日の第65期王座戦5番勝負で敗れ、1冠に後退した。これまで、数々の大記録を打ち立てたトップ棋士も9月で47歳になり、かつての絶対的な強さに陰りが見え始めている。

 今期の王座戦第1局は象徴的だった。羽生王座は後手番で優勢を築き、そのまま勝ち切るかと思われたが、終盤にミスがあり、逆転負けを喫した。あるベテラン棋士は「羽生さんらしくない負け方だった。年齢的なこともあると思う」と話す。

 最近はプロの間でコンピューターソフトでの研究が進み、定跡にない対局が多くなった。羽生王座は9月末に開かれた棋聖就位式のあいさつで、「ここ2、3年で将棋の内容が大きく変わった。これまでの経験が生かしにくい状況」と話した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索