トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

力と力の勝負に 天元戦第1局始まる

天元戦で第1着を打つ井山裕太天元。左は一力遼七段=11日午前、愛知県豊田市のホテルフォレスタで

写真

 囲碁の井山裕太天元(28)=棋聖、本因坊、王座、碁聖、十段=に一力遼七段(20)が挑む第43期天元戦5番勝負(中日新聞社主催)の第1局が11日、愛知県豊田市の「ホテルフォレスタ」で始まった。

 前期と同じ顔合わせとなった今シリーズの開幕戦。現在挑戦中の名人戦で7冠への返り咲きを目指す井山天元が、昨年の雪辱を期す一力七段を迎え撃つ。

 定刻の午前9時、立会人の彦坂直人九段の合図で、握って黒番となった井山が右上星(16四)に第一着を打ち下ろした。互いに四隅の星を打ち合った後の5手目、井山が意表を突く三々(17十七)入り。黒21(3六)のシチョウアタリから、激しい駆け引きを繰り広げた。

 その後井山は白32(12十八)〜42(7十八)とはわせて下辺に厚みを形成。対する一力は白52(5十五)までとサバき、左下が主戦場になったところで昼食休憩に入った。解説の中根直行九段は「布石がほとんどなく、力と力の勝負になった。強気な両棋士の持ち味が出ている」と話した。

 持ち時間は各3時間で、同日夕方には勝敗が決まる見通し。

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索