トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

藤井四段が森内九段破る NHK杯、生放送

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)=愛知県瀬戸市=は3日、東京都内で指されたNHK杯トーナメント2回戦で、永世名人の資格を持つ森内俊之九段(46)を破った。3回戦で今年の名人戦挑戦者、稲葉陽八段(29)と対戦する。

 NHK杯は通常、対局を事前に収録して放送しているが、今回は関心の高さを考慮して、異例の生放送となった。

 対局は藤井四段の後手番で、積極的な攻めでペースを握った。最後は持ち前の鋭い終盤力を発揮し、94手までで相手を投了に追い込んだ。公式戦の通算成績は39勝5敗。

 森内九段は名人8期など、タイトルを通算12期獲得したトップ棋士。5月から日本将棋連盟の専務理事を務めている。

 次回は7日、新人王戦でベスト4入りを懸け、佐々木大地四段(22)と対戦する。

藤井聡太四段「緊張したが対局集中」

 積極的に攻めていく方針がよかったと思う。永世名人の資格を持つ森内九段と対戦できて、うれしかった。生放送で開始前は少し緊張があったが、始まれば集中できた。

森内俊之九段「予想しない手も…感心」

 藤井四段は落ち着いていて、自然な指し手を積み重ねられた。こちらが予想していない手も指され、感心した。2回戦で生放送となり、注目の高さを感じた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索