トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

中学生でのタイトル難しく 藤井四段、棋王戦敗退

棋王戦挑戦者決定トーナメントで豊島将之八段(右)に敗れ、感想戦で対局を振り返る藤井聡太四段=24日夜、大阪市の関西将棋会館で

写真

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ棋士の藤井聡太四段(15)=愛知県瀬戸市=が8月24日、八大タイトル戦の一つ「棋王戦」の挑戦者決定トーナメントで、トップ棋士の豊島将之八段(27)=同県一宮市出身=と対局し、千日手で指し直す熱戦の末に敗れた。この敗退で、中学を卒業する来年3月までにタイトルを獲得する可能性はほぼ無くなった。豊島八段は、トップ棋士が集まる名人戦順位戦「A級」に在籍。藤井四段が公式戦で現役のA級棋士と戦うのはこの日が初めて。

 対局は大阪市で行われ、藤井四段の先手で始まったが、同じ局面が4回現れて無勝負となる千日手に。規定で先手と後手を入れ替えた指し直し局は豊島八段が優勢となり、挽回を図る藤井四段を的確に追い詰め、87手までで破った。

 藤井四段は「豊島先生の強さ、A級の壁の高さをあらためて感じた」。中学生でのタイトル獲得が厳しくなったことには「まだまだ実力不足だと思うので、一歩一歩強くなりたい」と話した。公式戦の通算成績は38勝4敗。次回の対局は9月2日、若手が対象の棋戦・加古川青流戦。

 棋界を超えた注目を集める中学生棋士を破った豊島八段は、5歳まで一宮市で暮らし、大阪府豊中市に転居。タイトル戦で3回挑戦者になった実力者で、東海地方にもファンが多い。愛知出身の“後輩”の戦いぶりを「中盤の仕掛けの後は嫌だなと思う手を指し続けられた。やはり強いなと思った」と評した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索