トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

藤井四段が3敗目 王将戦一次予選

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)=愛知県瀬戸市=は4日、大阪市の関西将棋会館で指されたタイトル戦の王将戦1次予選決勝で実力者の菅井竜也七段(25)に敗れ、公式戦通算3敗目(34勝)を喫した。

 これで今期の王将戦敗退が決まり、2017年度中にタイトル挑戦の可能性があるのは棋王戦のみとなった。藤井四段は7月21日にホープの三枚堂達也五段(24)に敗れて、公式戦2敗目を喫したが、その後は3連勝していた。

 中学生棋士を破った菅井七段は、15年に新人王戦で優勝した実績を持つ。今期の王位戦七番勝負の挑戦者で、第2局を終え7連覇を目指す羽生善治王位(46)に2連勝とリードしている。

 次回は10日、名人戦順位戦C級2組で高見泰地(たいち)五段(24)と対戦する。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索