トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

井山碁聖が6連覇 第42期碁聖戦第3局

 囲碁の井山裕太碁聖(28)に山下敬吾九段(38)が挑戦していた第42期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)5番勝負の第3局は25日、熊本市の「ホテル日航熊本」で打たれ、午後7時12分、206手で井山碁聖が白番中押し勝ちし、3連勝で6連覇を達成、6冠を堅持した。6連覇は大竹英雄名誉碁聖、小林光一名誉碁聖と並び、碁聖戦史上最多記録となる。

 井山碁聖は大阪府出身で、2002年にプロ入り。16年4月、前人未到の7大タイトル同時制覇を果たした。同年11月に名人を失い6冠に後退したが、その後、王座、天元、棋聖、十段、本因坊、碁聖を全て防衛。残る名人戦でも挑戦者を決めるリーグで首位に立っており、あと一勝すれば挑戦権を獲得、全7冠復帰に挑むことになる。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索