トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

藤井四段、2連勝 棋聖戦1次予選

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)は7月24日、大阪市の関西将棋会館で指された八大タイトル戦の棋聖戦一次予選で2連勝し、羽生善治棋聖(46)への挑戦を目指してスタートを切った。

 藤井四段は同日の1局目で西川慶二・七段(55)を破って15歳初勝利を挙げ、2局目では阪口悟五段(38)に勝った。

 21日に新鋭の三枚堂達也四段(24)に敗れ公式戦2敗目を喫したが、その後の対局は2連勝した。通算成績は33勝2敗。

 次回は27日、平藤真吾七段(53)と対戦する。

 棋聖戦は一次、二次予選の突破者とシード棋士16人で挑戦者を決める決勝トーナメントを行う。

藤井聡太四段「勝ててほっとした」

 (15歳での初勝利に)21日は敗れてしまったので、今日は勝つことができてほっとしている。読みの精度や、形勢判断がまだ足りないと思うので克服したい。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索