トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

羽生棋聖が10連覇

 将棋の第88期棋聖戦五番勝負の第4局は11日、新潟市で指され、先手の羽生善治棋聖(46)が127手で挑戦者の斎藤慎太郎七段(24)を破り、対戦成績3勝1敗で10連覇を達成、自身が持つ最多の通算タイトル獲得記録を98期に伸ばした。

 棋聖の獲得は通算16期目。羽生棋聖はこれで王位、王座と合わせて3冠を堅持した。今後、防衛戦は5日に開幕した王位戦と秋に王座戦があり、いずれも勝利すれば、通算タイトル獲得数は大台の100期となる。

 斎藤七段の初タイトルは、ならなかった。

若手挑戦者が刺激に

 羽生善治棋聖の話 若手の挑戦者が出てきて、刺激になっている。(タイトル100期が視野に入り)気力を充実させて前に向かっていきたい。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索