トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

藤井四段、連敗せず30勝目

プロ初黒星後、最初の対局で公式戦通算30勝目を挙げ、笑顔を見せる藤井聡太四段=6日夜、大阪市の関西将棋会館で

写真

 将棋の最年少棋士で、歴代最多の29連勝を達成した藤井聡太四段(14)=愛知県瀬戸市=が6日、大阪市の関西将棋会館で、公式戦初黒星を喫して以来初めての対局に臨み、ベテランの中田功七段(49)を破った。12時間以上に及ぶ熱闘を制し、再出発の大きな一勝を挙げた。

 この日は名人戦順位戦C級2組の対局で、持ち時間が各6時間の長丁場。後手番の中田七段が飛車を3筋に振る得意の「三間飛車」に構えると、藤井四段は玉を隅に囲う「穴熊」の堅陣で対抗した。中盤は優劣不明の混戦となったが、最後は藤井四段が寄せ切った。

 この勝利で、藤井四段はC級2組のリーグ戦は2連勝となった。同組は棋士50人が所属。来年3月までに各10局を戦い、成績上位の三人がC級1組に昇級する。名人への挑戦権を争うA級に上がるには、四回昇級する必要がある。

 藤井四段は昨年10月に史上最年少の14歳2カ月でプロ入り後、公式戦で勝ち続け、6月26日に29連勝を達成。将棋界の最多連勝記録を30年ぶりに塗り替えた。今月2日、若手強豪の佐々木勇気五段(22)にプロ初黒星を喫した。

    ◇

勝ち意識 勝負手ずばり

 「前回負けてしまっているので、以前よりは勝敗にこだわる感じになったかも」−。連敗はしないという強い思いで臨んだ対局だった。連勝記録のストップから4日後、仕切り直しとなった一局を制した藤井四段は「途中苦しくしたと思っていましたが、勝負手が結果的に奏功したかなと」。いつも通り、落ち着いた様子で熱戦を振り返った。

 中田七段は三間飛車のスペシャリストで、穴熊囲いの攻略を得意とする。その相手に、藤井四段は「妥協するのは面白くない」と、堂々と穴熊で挑んだ。中田七段の9筋からの厳しい端攻めに対し、藤井四段は辛抱を重ね、反撃した。

 終盤、勝負手を放った藤井四段の玉はいかにも危ない形だったが、「打ち歩詰め」(持ち駒の歩を打って相手玉を詰ますと反則になるルール)の筋で際どく残っているのを見切っていた。敗れた中田七段も「本当に見事な切り返し」と思わずうなる手順だった。

 人一倍の負けず嫌いでもある藤井四段。初黒星の悔しさはあったと認めるが、「ずっと引きずっていてもいいことはないので、なるべく切り替えようと思いました」。次の目標に向け、新たな一歩を踏み出した。(樋口薫)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索