トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

角交換振り飛車の戦型 王位戦第1局 菅井、長考後に封じ手

立会人の石田和雄九段(右端)に封じ手を渡す菅井竜也七段。右から2人目は羽生善治王位=5日夕、三重県菰野町の湯の山温泉グリーンホテルで

写真

 将棋の羽生善治王位(46)=王座、棋聖=に菅井竜也七段(25)が挑む第58期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)の第1局が5日午前9時から三重県菰野町の「湯の山温泉グリーンホテル」で指され、午後6時、後手番の菅井が40手目を封じて1日目を終えた。

 本局は最新の角交換型振り飛車の戦型となった。羽生は序盤の9六歩(3手目)で意表を突き、菅井は得意の振り飛車で応戦。その後互いにじっくり駒組みを進めたが、羽生の6六角(29手目)でにわかに局面が緊迫した。菅井は6二角(36手目)と手持ちの角を守りに使用。羽生の5六歩(39手目)に対し、1時間半を超える長考の末に手を封じた。

 副立会人の杉本昌隆七段は「羽生王位の意欲的な指し手が目立つが、菅井七段の思い切りの良さも印象的。8四にある角が急所の駒で、攻めに活用できるか、逆に狙われてしまうかがポイントになる」と話した。

 持ち時間8時間のうち、1日目の消費時間は羽生3時間30分、菅井4時間7分。2日目の6日は午前9時に再開し、夜までに勝敗が決まる見通し。

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索