トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

藤井四段、公式戦18連勝 歴代7位タイ

感想戦で対局を振り返る藤井聡太四段。プロデビュー後の公式戦連勝記録を18に伸ばした=18日午後、大阪市福島区で

写真

 史上最年少の将棋プロ棋士で現役中学生の藤井聡太四段(14)=愛知県瀬戸市=が18日、大阪市で行われた対局に勝ち、自身が保持するデビューからの公式戦の最多連勝記録を「18」に伸ばした。歴代の連勝記録としても7位タイとなる快挙だ。

 この日の対局は、兵庫県加古川市が主催し「若手の登竜門」とされる加古川青流戦の開幕局。持ち時間は各1時間。プロ入り5年目の竹内雄悟四段(29)と対戦した。

 後手番の藤井四段は、ゴキゲン中飛車で妙手を繰り出す竹内四段に攻め込まれる場面もあったが、持ち前の終盤力で挽回。ともに持ち時間を使い切り、一手を60秒未満で指す「一分将棋」となる接戦の末、竹内四段を120手で投了に追い込んだ。

 対局後、藤井四段は「誤算があって自信のない展開になり、最後まで分からなかった。今後も重要な対局が続くので気を引き締めたい」。竹内四段は「中盤はうまくいったが、終盤で間違えて形勢を損ねた。事前に調べていた形だったが」と悔やんだ。

 藤井四段の次戦は25日に東京で。七大タイトルの一つ竜王戦の6組ランキング戦で、決勝トーナメント入りを懸けて近藤誠也五段(20)と対局する。勝てば連勝記録は単独7位となる。歴代の最多記録は、神谷広志八段(56)=浜松市出身=が1987年に達成した「28」。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索