トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

藤井四段、13連勝に 自身のデビュー記録更新

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)=愛知県瀬戸市=は4月17日、東京都内で指された第67回NHK杯トーナメント1回戦で千田翔太六段を破り、自身のデビュー後の連勝記録を「13」に更新した。

 藤井四段は昨年12月のデビュー戦で、現役最高齢棋士の加藤一二三・九段(77)を相手にプロ初勝利を挙げた。その後も勝ち続け、今月4日にはデビュー後11連勝を達成、プロ公式戦の新記録を樹立した。13日には自身の記録を12連勝に伸ばし、快進撃を続けている。

 中学3年生の藤井四段は、加藤九段が持っていた14歳7カ月の最年少記録を62年ぶりに塗り替え、昨年10月、最年少の14歳2カ月でプロ入りした。

藤井聡太四段「普段通り力出せた」

 今日の将棋はずっと自信のない展開だったが、寄せ合いで勝ちになった。連勝記録は意識せず、普段通り指した。自分の力を出すことができたと思います。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索