トップ > 岐阜 > 2月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

金山の岩屋ダムに大賞 洪水時の調節操作評価

記念品を受け取った金藤所長(中)とプレゼンテーションをした星野さん(右)ら=下呂市金山町の岩屋ダム管理所で

写真

 全国のダム愛好家らでつくる「日本ダムアワード選考委員会」のダム大賞に、水資源機構が管理する「岩屋ダム」(下呂市金山町)が選ばれた。記念品授与式が八日、同ダム管理所であり、選考委員からトロフィーなどが贈られた。岩屋ダムは同時に洪水調節賞にも選ばれた。

 選考会は昨年十二月に東京であり、同委員会がノミネートした候補から、来場した愛好家らの投票で決めた。昨年七月の豪雨災害時に、ダムが満水を超えるのを防ぐ「異常洪水時防災操作」を実施した際、放水量を低減するなどして被害を抑えた対応が評価された。

 式には、岩屋ダム管理所の金藤康昭所長や、下流にある馬瀬川第二ダムを管理する中部電力大船渡ダム管理所の野添順一所長らが出席。選考委員の一人で、岩屋ダムのノミネートに際し、プレゼンテーションをした星野夕陽さん(34)がトロフィーと盾を渡した。

 金藤所長は「異常洪水時防災操作は初めてだった。予測が難しく、緊迫した中での操作だった。人的被害がなかったのが幸い。今後も警察、消防、市、中部電力などと連携を深めて安全、安心を高めていきたい」と話した。

 (吉田幸雄)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索