トップ > 岐阜 > 11月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

21世紀枠県推薦校に岐阜 来春の選抜高校野球

 県高校野球連盟は八日、来春の選抜高校野球大会の「二十一世紀枠」の県推薦校に岐阜(岐阜市)を選んだ。短い練習時間や、他の部活動とグラウンドを共有するなどの制約がある中で、直近の秋季大会のほか、春、夏の県大会で8強入りしたことが評価された。

 岐阜は、投手の球の回転数、打者のスイング速度を測定するなど、データに基づいた工夫でチーム強化を図っている。北川英治監督(47)は「県内最古の野球部、公立の進学校として、文武両道を追求していきたい」と話した。

 東海地区の推薦校は来月十四日に一校に絞られ、全国の二十一世紀枠出場の三校は来年一月二十五日に決定する。

 (小倉貞俊)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索