トップ > 岐阜 > 10月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

関ケ原、自転車で攻めよ! 県が5コース考案、ガイドブックも販売

関ケ原古戦場を回るコースを紹介するサイクリング地図とガイドブック=県庁で

写真

 歴史の授業で習うから名前は知っている。でも実際にどんな場所かは知らない。そんな人が割と多い関ケ原古戦場をもっと観光地として売りだそうと、県は、一帯の主要な史跡を周遊するサイクリングのコースを考案し、案内のためのガイドブックを作成した。気持ちのよい風を楽しみながら合戦のことがよく分かる。

 サイクリングコースは、徳川家康最後陣地や決戦地など主要な史跡を巡る初級者向けの「決戦!関ケ原コース」(一一・五キロ)から、関ケ原から岐阜城までを走る上級者向けの「天下一!美濃戦国コース」(一〇〇キロ)まで五コースを用意した。

 全コースを、県が関ケ原町と連携して進める関ケ原古戦場グランドデザインのホームページ「みる!しる!かわる!関ケ原」で紹介している。史跡を、東軍は赤、西軍は青と分かりやすく色分けした。「西軍の石田三成が笹尾山などの地形を利用して布陣した様子などを確認しながら走ることができる」と担当者は話す。

 子ども連れでも回れる初級者向けの二コースのマップは、自転車を貸し出しているJR関ケ原駅と関ケ原町歴史民俗資料館の二カ所で配布する。

 ほかに、より詳しい情報を求める観光客向けのガイドブックも作った。

 写真や古絵図、布陣図などをカラー刷りで紹介。静岡大の小和田哲男名誉教授の監修で、戦いに至る経緯や、東軍西軍の攻防、決戦までをまとめた。歴史に詳しいラジオDJのクリス・グレンさんが監修した英語版も作成した。

 二十日から資料館など三カ所で販売する。A5判、百十六ページで、両国語版とも六百円。

 (問)県関ケ原古戦場整備推進課=電058(272)8193

 (稲田雅文)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索