トップ > 岐阜 > 9月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

「岐阜犬」県庁にお目見え 来庁時は悩み聞かせて

岐阜犬をお披露目した古田知事とミナモ=県庁で

写真

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」に登場する言葉を話すぬいぐるみ「岐阜犬」が、岐阜県庁でお披露目された。十四日に披露会があり、古田肇知事と県マスコットキャラクター・ミナモが除幕した。

 ぬいぐるみと台座、犬小屋は実際にドラマ撮影で使われたもので、高さは台座と合わせて百十五センチ。来庁者が自由に写真撮影できるよう二階正面ロビーに設置し、隣にはドラマの内容を紹介するパネルや岐阜犬の解説を並べた。本年度いっぱいは展示したいという。

 古田知事は「県庁に新しい名所ができた。ドラマではいろいろな人の悩みを聞く役割だったので、皆さんぜひ岐阜犬の前で悩みを打ち明けてもらいたい」とあいさつした。

 (長崎高大)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索