トップ > 岐阜 > 9月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

高山の石本さん、陸上800メートルで県中学新

全中で県中学記録を塗り替える自己ベストを出した石本さん=高山市役所で

写真

 高山市立中山中陸上部三年の石本湧大さん(14)が、八月に岡山市で開かれた全日本中学校陸上競技選手権大会の男子共通800メートル決勝で、県中学記録を更新する1分55秒36の新記録を出し、五位入賞を果たした。

 石本さんは、標準記録を上回って優勝した七月の県予選で、県中学記録を二十四年ぶりに塗り替えたばかりだった。全国五位という結果に「悔しさとうれしさが入り交じった気持ち。前を走る選手のペースが落ちず、ラストスパートで抜き切れなかった」と振り返った。

 陸上競技を始めたのは小学二年。陸上部に入った中山中では、一年の頃から陸上部の駅伝の中心メンバーとして活躍し、全国大会で区間五位になるなど頭角を現した。三年になってからは個人種目にも力を入れ、結果を残してきた。「今高校へ行っても十分通用する」と顧問の田口智洋さん(39)は太鼓判を押す。

 練習は週四日、短い時間に集中して取り組む。一日二十〜三十キロを走る厳しい合宿などにも参加して、実力を磨いてきた。「走るのが好き。つらくても楽しんで走るよう心掛けている」と話す。将来は箱根駅伝や五輪に出場し、日本で頂点をとれるような選手になりたいという。

 石本さんは十月十二〜十四日、横浜市の日産スタジアムで開かれるジュニア五輪の男子1500メートルに出場する。「全国で八位以内に入り、入賞したい」と意気込んだ。

 (横田浩熙)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索